1. HOME
  2. イベント
  3. すいすい会
  4. データサイエンスすいすい会19th

データサイエンスすいすい会19th

データサイエンスに関する雑談を通して、すいすいデータサイエンスを理解できるような知見を貯めていく『オンライン雑談会』

GRIの分析官リーダが主宰してテーマについてお話します
参加無料、お気軽にご参加ください

※今回のすいすい会は、前回に引き続き夕方開催となります。

参加方法

時間になりましたら、下記ZoomURLよりご自由にご参加ください

ZoomURL:
https://zoom.us/j/96152836275
ミーティング ID: 961 5283 6275

※Zoomミーティングにて行います。
Zoomの表示名変更が必要な方は、入室の前に変更をお願いいたします。

参加無料
時間になりましたらご自由にご参加ください

スケジュール

第19回 2021年6月16日(水)18:30~19:30
隔週で開催予定

内容

第19回「はじめての効果検証」

オンライン広告の反応率や施策の効果を測定するのは日常業務になっていますが、
データを用いて本当の効果を正しく測定することは、とても難易度が高い内容になります。
それは、効果測定を正しく行うための事前準備のバリエーションが多く、画一的に実施することが難しいためです。

今回のすいすい会は、難易度の高い効果検証に入門するための内容を3人のスピーカーにお話をいただきます。

効果検証にご興味のある施策担当者、マーケターの方、広告担当者、データサイエンティストの向けの内容となります。

発表1 「はじめてのA/Bテスト」

氏名: 田中麻衣子様
所属: 株式会社truestar

発表2 「実務でベイジアンA/Bやってみてわかった2つのメリット」

氏名: 望月優志
所属: 株式会社GRI
経歴: 20以上のAI,BIプロジェクトを経験
資格: Tableau Desktop Certified Associate, 統計検定 準1級

発表3 「ノンプログラミングで効果検証しよう」

氏名: 古幡征史
所属: 株式会社GRI 取締役
Ph.D in Computer Science
経歴: GRIにて50以上のAI, BI, 分析基盤構築プロジェクトをリード
KPMGコンサルティング、University of Southern California、ドワンゴを経て、2016年9月より現職

機械学習活用やデータサイエンスに関する
情報共有コミュニティ

〇自由にご参加いただけるSlackを用意しています
実践的に機械学習を活用するための議論やノウハウの共有を目的としています
すいすい会の内容についても活発に議論できればと思います
Slackはこちら

GRIのTwitterでもデータサイエンス関連の情報をつぶやいています

過去のすいすい会

過去のすいすい会のアーカイブはこちらからご覧いただけます

 

| すいすい会

今後のイベントはございません。