1. HOME
  2. イベント
  3. すいすい会
  4. データサイエンスすいすい会18th

データサイエンスすいすい会18th

データサイエンスに関する雑談を通して、すいすいデータサイエンスを理解できるような知見を貯めていく『オンライン雑談会』

GRIの分析官リーダが主宰してテーマについてお話します
参加無料、お気軽にご参加ください

※今回のすいすい会は、前回に引き続き夕方開催となります。

参加方法

以下のURLからzoomでの参加が可能です
https://zoom.us/j/96152836275

参加無料
時間になりましたらご自由にご参加ください

スケジュール

第18回 2021年6月2日(水)18:30~19:30
隔週で開催予定

内容

第18回「可視化分析(Tableau)を向上させるための私の情報源」

Tableauに代表される可視化分析は、「誰でもできるが誰でもできない」ことが知られています。謎めいていますが、Tableauはプログラミングなしでドラッグ&ドロップでダッシュボードを作成できるので簡単なのですが、人を動かすダッシュボードやデータから自然とインサイトが得られるようなダッシュボードを作るのは難易度が上がります。
可視化分析を向上させるには、いくつかのステップがあり、そのステップごとに参考にすべき書籍、ウェブ記事、動画などをご紹介します。
参考文献の切り口は下記を予定しております。

  • はじめてのTableau
  • 上級テクニック
  • ストーリーテリング、デザイン、色使い
  • 継続的な知識の向上
  • 組織での浸透

また、今回はTableau界隈の有名人の岩橋さんとArakawaさんをゲストにお招きしてお話をいただきます。

発表タイトル1「Tableau 初心者のススメ - 挫折しないためのヒント」
ゲスト・スピーカー: Slalom(スラローム株式会社) コンサルタント 岩橋智宏
2016年よりTableau Japan に在籍、2021年Seattle発のコンサルファームSlalomにジョイン。
データ活用に関するトレーニングとコンサルテーションに従事。
著書:Tableauで始めるデータサイエンス
オンライン名刺

発表タイトル2「データ可視化の勘どころを掴んで磨くためのコンテンツ紹介」
ゲスト・スピーカー: Yoshitaka Arakawa
・BI Developer/社内Tableau Training講師
・Tableau Ambassador 2020
・Tableau Blogger

発表タイトル3「可視化分析(Tableau)を向上させるための私の情報源」
スピーカー: 古幡征史
株式会社GRI 取締役
Ph.D in Computer Science
GRIにて50以上のAI, BI, 分析基盤構築プロジェクトをリード
KPMGコンサルティング、University of Southern California、ドワンゴを経て、2016年9月より現職

機械学習活用やデータサイエンスに関する
情報共有コミュニティ

〇自由にご参加いただけるSlackを用意しています
実践的に機械学習を活用するための議論やノウハウの共有を目的としています
すいすい会の内容についても活発に議論できればと思います
Slackはこちら

GRIのTwitterでもデータサイエンス関連の情報をつぶやいています

過去のすいすい会

過去のすいすい会のアーカイブはこちらからご覧いただけます

 

| すいすい会

今後のイベントはございません。